めっき技術

耐摩耗性

摩耗とは、摩擦や研磨などの機械的作用によって、材料が表面から消耗していくことをさしていますが、この摩耗を防止するめっきを耐摩耗性めっきと呼んでいます。耐摩耗性を向上させる方法には、表面硬度をあげる方法と摩擦係数を下げる方法があります。
めっき種類 特性値 用途
工業用クロムめっき ・ Hv 800~1000 機械部品軸受、クランクシャフト、ピストンロッド、ロール、金型、検査工具(ブロックゲージ)
マイクロポーラスクロムめっき ・ポーラス部を保油に利用して、焼き付けを防止 内燃機関シリンダ
テフロン含浸クロムめっき(テフロック) ・非粘着性と低摩擦係数 各種ロール、金型
無電解ニッケル-リン (5~10%P) ・Hv 800~1000(熱処理)
Hv 500(熱処理なし)

・無電解めっきは、製品形状に関係なく、どの部分のめっき厚みも均一なので、精密機械部品に適しています。
自動車、航空機、複写機など
硬質貴金属めっき ・高硬度の貴金属めっきとしては、ロジウムめっきや白金めっき、ルテニウムめっき 電気接点、摺動部
採用事例
耐摩耗性
片状黒鉛鋳鉄上の
硬質クロムめっき断面のSEM写真
摩耗は、材料の組み合わせによる影響が大きく、同種材料では摩耗量は大きくなるなど、異種材料の組み合わせに工夫が必要です。