めっき技術

耐薬品性

耐薬品性(耐食性)に優れた金属としては、チタン、タンタルなどがありますが、この中で、めっき可能な耐薬品性めっきとしては、貴金属めっきやアモルファス構造のニッケル-リン(リン含有量大)などがあります。貴金属めっきは、ピンホールがあると、耐薬品性は劣化します。一方、ニッケルやクロムめっきは、めっき皮膜の不動態化により耐薬品性は改善されています。
めっき種類 特性値 用途
貴金属(金、白金、ロジウム、パラジウム)めっき、クロムめっき、ニッケルめっき ・ニッケルめっきでは30μm以上必要。

・クロムめっきでは100 μm以上必要。硫酸性環境に強い。

・貴金属めっき皮膜は、ハロゲンイオンを含む強酸に弱い。
化学機器、電極材料
無電解ニッケル-リンめっき ・めっき膜厚10~100 μm.。 ハロゲン系環境に強い。 パイプ、バルブ、熱交換機など、
スズめっき ・有機酸に強い 缶詰の内面めっきなど食品関連器具
採用事例
耐薬品性
無電解ニッケル-リンめっき
(全国鍍金工業組合連合会編・電気めっきガイドより)