めっき技術

フープ材、コイル材

めっきの方法には、めっき製品の形状や大きさによって、ラックめっきまたはバレルめっきされていますが、コネクタなどの微小電子部品の量産化&高速生産方式のニーズから、長尺帯状のフープ材やコイル材に連続してめっきするリールツーリール(フープ)めっきが活躍しています。具体的なめっきの流れは、送り出しリール→めっき工程→巻き取りリールとなり、量産性に優れています。
特長&用途
hupucoilsub.jpg
コイル材からのプレス加工
(プレス金型設計・山口文雄・日刊工業新聞社より)
採用事例
フープ材、コイル材
フープ材、コイル材
(日本伸銅協会カタログより)