めっき技術

ステンレス系材料

鋼中のクロム含有量が12%以上になりますと耐食性は急激に向上します。このことから、クロム含有量が12%以上の鉄‐クロム合金をステンレス(Stainless:さびにくい)と呼んでいます。このステンレスの耐食性は、最表面に形成される極薄の酸化クロム皮膜(不動態化皮膜)に由来しています。めっきの密着性の観点からは、この不動態化皮膜をいかに除去するかがポイントです。
分類 主成分 金属組織
(結晶構造)
磁性 用途
Cr系 ステンレス鋼 13%Cr (SUS410系) マルテンサイト (体心立方構造) 強磁性 あらゆる産業
14%Cr (SUS430系) フェライト (体心立方構造) 強磁性
Cr-Ni系 ステンレス鋼 25%Cr (SUS329系) オーステナイト・フェライト 磁性
18%Cr-8%Ni (SUS304系) オーステナイト (面心立方構造) 非磁性

・その他:オーステナイト・フェライト系(SUS 329系):塩素に強い。       
析出硬化系(SUS 630系):高強度
・注意点:非磁性ステンレス鋼も、強い冷間加工を受けると表層のみ磁性化する。

採用事例
ステンレス系材料
ステンレス鋼上の無電解ニッケルめっき・密着性試験後の外観