めっき技術

銅系材料

銅および銅合金は、電気・熱伝導性、展延性、絞り加工性、耐食性、バネ特性などに優れているため、電気・電子機器部品に多く利用されています。
種類(JIS 規格) 特長 用途
銅及び銅基希薄合金(C1000番系)
 
(1)無酸素銅(C1020)     
純度99.96%以上  

(2)タフピッチ銅(C1100)   
純度99.90%以上  

(3)りん脱酸銅(C1201,C1220,C1221)  

(4)ベリリウム銅(C1700,C1720)     
Be 1.6~2.9
・合金元素をほとんど含まないもの

・電気伝導性、熱伝導性、展延性

・同上

・電気伝導性が優れている

・バネ性が優れている(時効硬化)
・電気部品、電機部品

・電気・電子機器部品     

・バネ、コネクター
銅-亜鉛合金(C2000番系)  
C2600,C2680,C2720,C2801
黄銅 Cu:70~60%,Zn 30~40
・展延性、絞り加工性 ・配線器具、電機部品類など
銅-亜鉛-鉛合金(C3000番系)
C3560,C3561,C3710, C3713   
快削黄銅
・被削性 ・時計、歯車類など
銅-亜鉛-スズ合金(C4000番系)  
ネーバル黄銅 C4621,C4640
・耐食性 熱交換器管板類など
銅-スズ-(鉛)合金(C5000番系)   
リン青銅
・高導電性、耐応力緩和性、耐熱性、曲げ加工性、バネ性 電子・電気計測機器用のスイチ、コネクターなど
銅-ニッケル合金(C7000番系)  
洋白
・バネ性 電子・電気計測機器用のスイチ、コネクターなど

(新素材へのめっき技術の開発と合金めっきの新しい用途開発、 全国鍍金工業組合連合会・活路開拓調査指導事業委員会編より)

採用事例
銅系材料
銅系材料(日本伸銅協会カタログより)