めっき技術

鉄系材料

鉄系材料は安価で機械的性質が優れていることから、金属材料の中では、生産量が最も多い。鉄系材料は、概ね炭素含有量によって、純鉄、鋼、鋳鉄と分類されています。中でも鋼は、さらに、鋼中にクロム、ニッケルなどの各種合金元素を添加することによって、ステンレスなどの特殊鋼やリードフレームなどの電子材料としても多くの産業分野で利用されています。
種類&特長 用途
tetsukeizairyoushurui.jpg :あらゆる産業分野

:自動車部品  一般機械部品

:工具、バネ材

:工具、歯車

:あらゆる産業

:精密機械
※その他の鉄系材料   

電子材料:42アロイ(Fe-42Ni)、コバール(Ni29,Co17,Fe残)   

磁性材料:ケイ素鋼板、 パーマロイ(Ni35~80、Fe残)
:電子部品

:半導体部品
採用事例
鉄系材料
鉄鉱石から鉄ができるまで
(新日鉄(株)カタログより)