めっき技術

Ni-Ti(形状記憶合金)

形状記憶合金は、変形しやすく加熱により形状がもとに戻るという特異な合金です。応用例として、低温で小さく折りたたんだ状態(a)で宇宙に持っていき、宇宙空間の中、太陽熱で加熱され、記憶している大きなアンテナの形状に(d)もどします。この形状記憶のメカニズムは、合金の熱弾性型マルテンサイト変態に基づいています。
種類 特長 用途
①金‐カドミウム合金
②インジウム‐チタン 合金
③ニッケル‐チタン合  金
④銅‐アルミニウム‐ニッケル合金
⑤銅‐亜鉛合金
⑥銅‐亜鉛‐×合金 (×はアルミニウ ム、ニッケル、 スズ、シリコン )
⑦ニッケル‐アルミニ ウム合金
⑧銀‐カドミウム合金
⑨銅‐金‐亜鉛合金
⑩銅‐スズ合金
nitisub.jpg
形状記憶効果メカニズムの模式図
(金属便覧・日本金属学会編・丸善より)
・〔宇宙開発〕  
人工衛星用アンテナ   
月面アンテナ

・〔各種接続部品〕  
パイプ継ぎ手、リベット、コネクタ

・〔ロボット〕  
アクチュエータ

・〔医療用〕  
人工心臓、 人工心臓用マイクロポンプなど
採用事例
Ni-Ti(形状記憶合金)
Ti-Ni合金線で作った宇宙ロケット用のアンテナ
(Goodyear Aeroapace Corpカタログより)

 

[めっきの種類]