めっき技術

パラジウムめっき

パラジウム(Pd)は、白金族〔白金(Pt)、ロジウム(Rh)、ルテニウム(Ru) イリジウム(Ir) 、オスミウム(Os)、Pdの6種類〕の一つです。 いずれも高価な金属ばかりですが、パラジウムの触媒特性、電気伝導性(接点)、水素吸蔵特性は、白金属めっきが持っている特異な機能です。
めっき種類 特長 特性値
パラジウム(Pd)めっき ・パラジウムはセラミックスやプラスチックへのめっきに不可欠な触媒活性(貴金属触媒)めっきとして利用されています。

・触媒活性が強すぎることで、空気中に浮遊する有機物がポリマーとなり接点を汚染する原因にもなっています。

・水素ガス精製皮膜としての応用。
パラジウムめっきの水素透過能を利用して、水素ガス中の不純物ガスを取り除く。(水素ガスのろ過膜としての役割)
Hv200~250(Pd)、Hv330~380(Pd-Ni)
パラジウムめっき