めっき技術

太陽熱パネル

理想的な太陽熱パネルとしては、太陽光波長領域(0.3~2.5μm)の吸収率(α)が大きく、赤外波長領域(3.0μm以上)では放射率(ε)が小さいほど優れています。また、熱的安定性や熱伝導率を考慮しますと、黒クロムめっきが優れています。
めっき種類 特長&特性値
黒色クロムめっき
(1)サージェント浴
・皮膜組成はCrOx-Cr

・最適なめっき膜厚は180 nm

・下地めっきはニッケルめっき

・光の吸収率(α)0.96   
光の放射率〔ε(t℃)100℃の時 0.1〕

・熱安定性 350℃
(2)3価クロム浴 ・皮膜組成はCr-Co

・最適なめっき膜厚は180 nm

・下地めっきはニッケルめっき

・光の吸収率(α)0.96   
光の放射率〔ε(t℃)100℃の時 0.10〕

・熱安定性 200℃

(機能めっき皮膜の物性・電気鍍金研究会編・日刊工業新聞社より)

採用事例
太陽熱パネル
黒クロムめっき・ソーラコレクター
(全国鍍金工業組合連合会編・電気めっきガイドより)

 

めっきの種類: 黒クロムめっき