めっき技術

トップ > めっきサービスについてトップ > めっき技術のご案内 > ニッケル-タングステン合金めっき

ニッケル-タングステン合金めっき

ニッケル-タングステン合金めっきは、耐強酸、耐ハロゲンアタック性、耐高温凝着性、耐熱性など、耐熱耐酸耐摩耗性などに優れた特性を持っており、クロムめっきの代替めっきとしても利用され始めています。
めっき種類 特長(特性値)
ニッケル-タングステン合金めっき ・20wt%以上のタングステン含有量。
高濃度の塩酸、硫酸、ふっ化水素酸および硝酸にも侵されない。

・44wt%タングステン合金めっき
めっきのまま Hv 600
熱処理(700℃)によりHv 1350
耐熱性に優れています。

・耐熱性:600℃の高温でHv 950を維持。
約600℃で連続使用されるガラス鋳型として利用されています。
採用事例
ニッケル-タングステン合金めっき
ニッケル-タングステン合金めっきの高温硬さ