トップ > めっきサービストップ > 環境への取り組み

環境への取り組み

これから先も地球とともに生きていくために、私たちは常に環境への配慮を意識して行動しています。

岡山工場
岡山工場環境コンセプト:三重四重の環境安全対策

岡山工場は市街地住宅街の真ん中に位置しており、住宅地で安全に操業できる環境を整備することをもっとも心がけています。その中で生まれたのが「三重四重の環境安全対策」というコンセプトです。
例えばめっきラインからの液漏れを想定した場合を説明すると、めっきラインの処理槽の下には「受け皿」が設けてあり、万一めっきラインから液漏れしても「受け皿」で漏れの拡散を防止します。もし受け皿で受けきれないほどの液漏れがあった場合は、めっきラインをぐるりと囲む高さ10cmの「土手(堤防)」が液漏れの拡散を防止します。この土手を超えるような場合は、そのフロア自体が一段低くつくられているために「土手(堤防)」の効果があり、階段や搬入口から外に液漏れすることを防ぎます。それでも大地震などにより防ぎきれず外に液漏れした場合、工場の敷地と道路などの境界線には「溝」や「土手(堤防)」があり、工場外流出を防止します。つまり、3回ないし4回のチェックポイントをパスしなければ、液漏れや排水処理水などが工場外に流出しない仕組みが三重四重の環境安全対策です。
ここではアナログ的な説明をしましたが、デジタルや自動計測装置も駆使して三重四重の環境安全を確保しています。


排水処理設備

当社の排水処理設備の特長は、全ての処理槽が地上タンクである点です。従来は地下ピット方式を採用していましたが、この方式では地下浸透の定期点検として、年に数回、地下槽を空にして槽の割れやライニングの確認をする必要がありました。これを常に見えるようにできないか、「土壌汚染対策法」への積極的な取り組みの観点から地下槽を完全に廃止し、地上化しました。
原価低減を厳しく要求されている中で負担の大きい投資でしたが、2003年から3年がかりで排水処理設備の見直しをおこない、完全に「見える化」した排水処理設備に作り替えました。


建物の特長:岡山第一工場(2001年竣工)...元祖21世紀型環境対応工場
[近隣市民への配慮]

防音窓、防音壁、遮光ロールカーテンなど、24時間操業でも安眠などを妨げない工夫をしています。

[社員への配慮]

吸気ダクト、排気ダクトを設け、空気の流れを作って働きやすい環境を整えています。

[環境への配慮] 床:

5層コーティングで中間に防水アスファルトを挟み込みました。地下浸透を徹底廃除するとともに、フロア自体が「受け皿」になります。また、フロアは設備を床に固定するアンカーボルトなどによってひび割れが加速するので、当社の設備は自重だけで支える設計としています。


排水処理:

環境負荷軽減のため、7系統に分別して排水処理しています。



栃木工場(2008年竣工)
栃木工場環境安全コンセプト:環境オールインワン工場

環境オールインワン工場とは、排水処理設備をはじめ、薬品室、スクラップ置場、さらにはトラックヤードなどまで全ての必要機能を工場の中に集約するというコンセプトです。
これにより漏洩対策がしづらい工場外の配管が不要になりますし、薬品運搬時の転倒などで発生する万一の液漏れ事故などによる工場外への流出を防止することになります。また、建物や排水処理設備は岡山工場で培ったノウハウや対策を完全に盛り込んでいます。
生産の一等地である1階フロアを排水処理設備が占拠するなど生産性は多少犠牲にすることになりますが、これから先も地球といっしょに生きていく私たちにとって、最優先すべきは生産性よりも環境安全対策であると考えた結果がこの栃木工場です。


セキュリティ

ICカードによる工場セキュリティで、工場および工場各所への出入り、薬品の持ち出しなどを全て管理しています。