めっき技術

離型性

めっきの離型性は、各種金型などから製品を取り外しやすくするために不可欠な機能ですが、金型の長寿命化のためには耐摩耗性や潤滑性、耐熱&耐食性などの複合機能も兼ね備えていることが必要です。
めっき種類 特性値 用途
工業用クロムめっき ・良好な離型性とともに耐摩耗性や高硬度のため、金型寿命が著しく向上します。 各種金型
・クロムめっき特有のマイクロクラックやマイクロポ‐ラス中に、自己潤滑性や非粘着性に優れているテフロン(PTFE)を含浸させたクロム‐テフロン複合皮膜が実用化されています。
離型性複合めっき ・フッ化黒鉛粒子やテフロン粒子の優れた非 粘着性、低摩擦係数、自己潤滑性と、無電 解ニッケルめっきの優れた均一電着性を組 み合わせた無電解ニッケル‐フッ化黒鉛複合 めっきや無電解ニッケル‐テフロン複合めっ きが実用化されています。 プラスチックレンズ金型
採用事例
離型性
ニッケル-リン-テフロン
複合めっき表面のSEM写真