めっき技術

チューブヒーター(開発品)

当社で開発しためっき加工技術により、ガラスや樹脂チューブの内外面へ金属膜を形成することが可能です。

この技術の特長を活かした製品としてチューブヒーターを開発しました。『加熱効率が高い』ことが最大のメリットであり、熱源となる金属配線をめっきによりチューブ表面へ直接形成することで、従来のニクロム線やシリコンラバーヒーターを巻きつけたものと比較して高い加熱効率を実現します。

ガラスやシリコーン樹脂、フッ素樹脂など耐薬品性や耐熱性の高い基材をベースとすることで、様々な液体・気体を加熱することが可能であり、適用分野は、食品・医療・半導体など多岐にわたると考えています。

3Dめっき式チューブヒーター
3Dめっき式チューブヒーター