めっき技術

黒クロムめっき

黒色クロムめっきは、装飾を目的としていましたが、最近では光選択吸収機能めっきとして、太陽熱吸板(ソーラーコレクタ)機器として利用されています。 理想的な光選択吸収膜としては、太陽光波長領域(0.3~2.5μm)では吸収率(α)が大きく、赤外波長領域(3.0μm以上)では放射率(ε)が小さいほど優れています。
めっき種類 特長(特性値)
黒色クロムめっき
(1)サージェント浴
・皮膜組成はCrOx-Cr
・最適なめっき膜厚は180 nm
・下地めっきはニッケルめっき
・光の吸収率(α)0.96  光の放射率〔ε(t℃)100℃の時 0.1〕
・熱安定性 350℃
(2)3価クロム浴グリーンマーク ・皮膜組成はCr-Co
・最適なめっき膜厚は180 nm
・下地めっきはニッケルめっき
・光の吸収率(α)0.96  光の放射率〔ε(t℃)100℃の時 0.10〕
・熱安定性 200℃

(機能めっき皮膜の物性・電気鍍金研究会編・日刊工業新聞社より)

採用事例
黒クロムめっき
黒クロムめっき・ソーラコレクター
(全国鍍金工業組合連合会編『電気めっきガイド』より)
・光の吸収率(α)と放射率(ε)の測定には、積分球反射装置付き分光光度計で測定されています。